来年は申年

2016年はさる(申)年ですが今年も猿のニュースがひっそりと伝えられました。

猿使いで一時期有名になった栃木県日光市にある日光猿軍団が今年の台風18号の影響で大きな被害を被った。

 

まともに直撃した台風にも関わらずサル軍団の園長、猿達の無事が確認。

monkey_park_photo

出典:東スポWeb

普段は来ないような場所にも台風がやってきたことでサル軍団のサル達も内心ゲッソリしていたに違いない。

しかし何より無事だったという知らせから来年は良いことがあるといいな・・・と猿軍団にあやかりつつ少しでも明るい年になってほしいですよね。

 

一方、同じ猿でも焦燥感でゲッソリ気味な猿達とは真反対に幸せいっぱいの太っ腹な猿もいました。

スポンサードリンク

 

跳べないメタボ猿登場

大阪堺市にある大浜公園では一時期メタボになった猿がいてよくテレビでも放送された。

metabolic_monkey_photo

出典:naver

見物客が餌のバナナを与えすぎてブクブク太ってしまったためメタボ猿になってしまいまるでの紅の猿のよう。

「跳ばねぇ猿は、ただの猿だ」・・・と飛び跳ねることが出来なくなるほど肥えてしまった猿は人手のかからない野生では死活問題になります。

 

今年は認知症やガンなどの病気が目立ちましたが、来年はこの猿のこともあってメタボ問題も今以上クローズアップされそうです。

メタボ対策はアメリカでも国をあげて取り組むほどなので肥満は重要課題の1つとなっているのも頷けますよね。

 

お正月のメタボ対策

お正月はなにかと暴飲暴食をしてしまいがちな期間ですが、メタボ対策にはやはり食べ物のコントロールが必要です。

メタボになりやすいといわれている食物は果物などの糖分や脂質の多い肉類、アルコールなどです。

gatherings_eating_image

お正月はイベントが沢山あったり家族で過ごす時間が増えたりと、いつもとちがう環境変化で気が緩みがちになります。

楽しい気分だからとついつい口に運ぶ回数も多くなるので気がつけば正月太りになってたというのはよくありますよね。

スポンサードリンク

 

そこでせっかくのお正月気分を楽しみつつ健康志向を意識しすることを考えるとお試しおせちを利用するのもよい選択肢です。

otameshi_osechi_image

お試しおせちはいきなり高価なおせちを通販で買うのに抵抗があったり、味が本当にいいかどうかわからないという不安解消に応えて開発された商品です。

 

値段も数百~数千円台とリーズナブルで必要以上に食べ過ぎてしまうこともなく必然的にブレーキをかけてくれるとっても嬉しいおせち。

また、おせちの基本は和食なのでこのこともメタボ対策にとってもいいのです。

 

ネット通販では豊富なお試しおせちが用意されているので検討してみるのもいいですね。

お試しおせちショッピング

 

さる年に向けて・・・

さる年になれば当然TVではマスコミが特集を組み猿ブームリバイバルを狙って登場頻度は高くなるでしょう。

メタボ猿と健康問題を絡めてコレステロール、ダイエット、メタボと肥満危機を煽るオンパレード番組も増えるかもしれません。

obesity_weighting_scale_image

そしてそんな番組を目にして心にズキッと感じながらも体型をどうにかしたいというもどかしさは止みません。

来年の申年とメタボ猿の登場とサル重なりをきっかけに健康食を重視していく食生活を送る一年にしてみては如何でしょうか。