今年の選抜高校野球の入場行進曲に西野カナさんの「もしも運命の人がいるのなら」が決定しています。

スポンサードリンク

 

運命を感じて作詞

昨年4月29日に26枚目のシングルとしてリリースされ、スッキリ!!のテーマソングやMATCHのCMソングに起用されました。

CD不況、AKB、ジャニ系がひしめき合っているにも関わらずこの曲は売上ランキング最高11位、4万枚と健闘しました。

moshimo_song_image_photo

1月13日に選抜テーマソングとして決定し3つ目のタイアップ曲になります。

カナさん曰くこの曲は理想の相手を追いかけているうちに偶然好きになった人がタイプだったとストレートな恋愛体験を詞に込めたようです。

 

そして選抜のテーマソングに決まると未だ見知らぬ運命の対戦相手に対して全選手たちに頑張って欲しいと応援メッセージを送った。

 

人生において人との出合いは一期一会なので、恋愛のみならず勝負の世界でも同じことが言えると思います。

選抜大会のテーマソングに選ばれたのも納得がいきますよね。

 

発車メロディーを聴いてみよう

この曲を作曲した山口隆志さんは曲について高校球児の若々しさ、躍動感にぴったりマッチングしていて明るく楽しい気持ちになって応援してほしいとコメント。

 

そして12日から30日までの期間限定で阪神甲子園駅にてサビ部分の到着メロディーが流れることになっていて選抜大会ムードが徐々に高まっています。

 

まずは昨年リリースされた原曲からどうぞ。

軽快な曲調と踊りが見る人全てを楽しく変えてしまう・・・選抜ソングとしてもピッタリ当てはまるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

そして開催中だけ流される到着メロディーです。

先程の原曲と聴き比べてみてください。

koshien_station

僅か10秒程の演奏ですがサビの部分がよく再現されていてホームに居ても常に大会が気になってしまいそうですね。

 

この曲は軽快なアップテンポ調の曲なので大会期間中はメロディーにあわせて甲子園も大いに賑わうはず。

どんな波乱があるのか・・・?、どちらが勝つのか・・・?、どのチームが優勝するのか・・・?、といったような様々な運命を感じ取りながらカナさんの曲で盛り上がっていこう!

 

阪神甲子園駅