来たる3月21日~22日頃に米カリフォルニア州にあるアップルで次期アップル製品の発表会が行われます。

 

昨年はアップルウオッチが4月に発売され間もなく1年が経とうとしてます。

その評価はカッコイイとダサいに分かれ結局のところ後者の意見が多いのが事実で、次期2代目モデルがどう改良されるのかが気になるところです。

スポンサードリンク

 

現行モデルの現状

先程のように現在発売されているアップルウオッチに対する不満点は多く聞かれます。

apple_watch_image_photo

出典:https://pantograph.co.jp/

それを確かめるべくアップル製品を扱っている店に出向きスタッフに取材してみました。

そして聞いていくうちに様々な現状の不満点が多く聞かれました。

まずは機能面からです。

 

● iPhoneが必須でしかも特定モデル以上でないと使えない。またiPhoneを何処かに置いて離れるとやり取りできなくなる。

 

● 確認表示向けのため、例えばiPhoneにメールが入ればアップルウオッチにメール着信が表示されるが返信はウオッチ側から入力するのは不向きなのでiPhoneを取り出して入力する必要がある。入力はウオッチに向かってSiri機能で話すことになるので周囲の目が気になるかもしれない。

 

● iPhoneとの連携はBluetoothでやりとりすることになるが、iPhoneの電池が切れると只の時計に成り下がってしまう。

 

● 頻繁に使用すると1日も電池が持たないことがある。

 

と、まだまだアナログ時計の方に軍配が挙がるような気がしますよね。

スポンサードリンク

 

そしてファッション面での一番売れ筋はどれかというと・・・

apple_watch_No2_thumb

男女問わず一番よく売れているのがバンドの色がブラックだということです。

次に本体フレームがゴールド、ローズピンクと続き、一番不人気だったのが蛍光色のオレンジとブルーだということです。

以前はバンドカラーがグリーンもあったようですが、これも同じく不評だったようで姿を消してしまいました。

 

黒が好まれる理由としてビジネス用途でスーツに合わせやすい、華美に目立たず一番しっくりくるからだそうです。

そしてオレンジとブルーはどうしてもスポーツや子供向けといった特定用途になってしまうためあまり売れないようです。

 

次期モデルに期待すること

スタッフによると次期モデルの発表は未だわからず、本社アップルでは発表日まで極身近な関係者以外は完全シャットアウト状態だそうです。

apple_headquaters_photo

出典:https://lattepic.s3.amazonaws.com/

そして最初のモデルは不評が多かったので、出方次第では発表会において次期モデルは出ない可能性もあるのだとか。

 

もし出るとすれば次のようになるという噂が海外サイトから出始めています。

 

  1. バッテリーの改善
  2. ペアリング無しで使用可能
  3. フレームが四角から丸も登場
  4. アンドロイドとの互換性
  5. 血圧計やストレス計機能の追加
  6. ストレージ容量の増加
  7. 値段は$349(約4万円前後)辺りになりそう

出典:http://www.techradar.com/

この中でスタッフですら真っ先に口にしていた不満点1,2の2点はせめて改良してほしいところです。

 

発表会は現地時間21日の午前10時 (日本時間:3月22日午前2時)に、オフィシャル生中継サイトで発表されるので楽しみに待とう!

※視聴には、Mac、iOS版・Safari、Windows 10・Edge、Apple TV(第2世代以降)が必要です。