この季節目に違和感?

hay_fever_ceder_photo2目を触る女性

出典:いしざき眼科

あ~っ、やっと寒い季節も過ぎ去ろうとしてる感じがしてるしポカポカ陽気で過ごしやすいけどなんだか目がチカチカ、かゆい、チクっと痛いなんて感じがしないでしょうか?

それは花粉症の季節のせいでそう感じていることも十分考えられるのではないでしょうか?

花粉が目に飛んできて涙が出たりしてまるで玉ねぎ料理をしている感覚と似ていることもあるでしょう。

玉ねぎだったら自宅などの屋内で玉ねぎ調理というごく限られた時間となりますが、花粉症の場合は外出時にその被害に遭うことが多くまるで玉ねぎを剥きながら外で過ごしているようなものです。

実際、花粉が目に入っても大したことにならないんでしょ?と思われる方も多いでしょう。

そんな花粉症による目への症状はどういったものなのかを見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

花粉による目への症状

1.かゆみ

hay_fever_eye_itchy_image1

出典:coppervision

花粉によって一番悩まされるのが目のかゆみではないでしょうか?

しかし花粉が目に入って掻けば掻くほど掻くことに気がとられてしまいイライラも募りやすくなります。

もし、目が痒すぎて我慢できない時のために外出時には液体用の目の洗浄剤を携帯するなどしましょう。

 

2.充血

hay_fever_bloodshot

出典:suppleranking

目を掻きすぎることによって目が充血しやすくなり、掻く毎に比例して充血度も増えることになります。

目が充血した状態だと周囲に対しても目立ちやすくなるのでやはり洗浄剤などで対処しましょう。

 

3.痛み

hay_fever_eye_painful

出典:スキンケア大学

目の 充血と併用して起きやすいのが目の痛みも引き起こすこともあります。

hay_fever_ceder_magnification

出典:タイニーカフェテラス

特に花粉等の微粒子が入り込むとあまりにも痛くて場合によっては耐えられなくなることも考えられるので素早い対処を考えておきましょう。

 

4.腫れ

hay_fever_eye_swallen

出典:自然から元気

目の充血よりも一番タチが悪いのが腫れといった場合です。

充血だと洗浄剤や1~2日で消えやすいですが、腫れの場合はずっと続きやすい傾向があります。

充血と違い目に違和感が感じてしまったりして気になって他のことが手につかなくなることもあります。

あまりにも酷い腫れの場合は眼科医に診てもらうほうが賢明でしょう。

 

こういった症状から少しでも目への侵入を防ぐためには目を守るプロテクトグッズが欠かせません。

スポンサードリンク

花粉症対策メガネランキング5

5位.○徳タイプメガネ
hay_fever_eye_glasses_photo2

出典:ONE WHANG

十徳ナイフにあるような感じの1,オシャレ度、2,花粉ガード,3,UVガードと多数の目的にも適したメガネ。

しかし多機能なため花粉からのガード率は専門の花粉メガネには機能性で少し劣ってしまうのは悩みです。

 

4位.スタイリッシュメガネ
hay_fever_eye_glasses_photo4

出典:エンタメゴルフ

よくある花粉対策メガネといえばなんだか形がイマイチなイメージが多いと感じる方もいたと思います。

現在ではスタイリッシュなフォルムの花粉対策メガネも出回っておりオシャレ度がアップして花粉対策をしているのかがわからないぐらいのメガネも続々発表されています。

スポーツ時の花粉防御にもオススメだといえます。

カッコイイメガネを探して身に付ければ花粉も防げて魅力度もUPでしょう。

スタイリッシュを前提にしているため花粉のガード率はそれほど期待できないかもしれません。

 

3位.日常風メガネ
hay_fever_eye_glasses_photo3

出典:SELECT EYE

市販のメガネとは見た目もほとんど違和感のないメガネ。

花粉対策としてはもちろんですが、出かけ時でもごく自然なメガネをかけているようにしか見られないので職場などでかけていても普段メガネをかけている方がこのメガネに交換して周りには気づかれにくいかもしれませんね。

 

2位.カモフラージュメガネ
hay_fever_eye_glasses_photo1

出典:ルーペスタジオ

遠くの人にはメガネをかけていると気づかれにくいため、メガネ嫌いの人にはうってつけではないでしょうか?

花粉症の季節だけのときに使いたい時、外出時のみのときはオススメのスケルトンタイプの花粉防止メガネです。

 

1位.オールダイレクション型メガネ
hay_fever_eye_glasses_photo5

出典:AQUA

目の周りを完全に囲ったタイプのガード型メガネ。

周囲を完全に囲っているので花粉の侵入率はかなり軽減されるでしょう。

しかし、歩くときにメガネがずれると隙間が出来たりする可能性があるのでずれないように工夫する必要は出てくるでしょう。

 

と、花粉対策用の目のケアのランキング紹介でした。

目は人間の器官でも大切な部分の1つです。

花粉からの目の保護は十分に検討する価値があるのではないでしょうか?

目への負担やストレスとなる前にこれからあなたに合ったメガネ選びをしてみてください!