花粉症と首との関係

これから花粉の季節。

花粉に悩まされている方は花粉対策として外出時に顔全体の対策を実行している方が多いと思います。

しかしほとんどの方は首という部分を疎かにしている方も多いかと思います。

外出時はメガネ、マスク等で対策はするけど首なんて関係あるの?という疑問をもたれる方がほとんどでしょう。

花粉によって首周辺への負担はかなりの原因が起きやすいことが多くあります。

では、花粉症が首へ与える影響を考えてみましょう。

スポンサードリンク

 

首周りへの影響

1.かゆみ

hay_fever_neck_itchy

出典:スキンケア大学

目、鼻、口と全て対策済みの場合であっても首をまともに露出していては花粉の思う壺になります。

しかも花粉というのは大量の微粒子が首に付着するので首周辺がかゆくなってきます。

これも目や鼻同様かゆさに気を取られてストレスの原因や皮膚を傷つけてしまいます。

 

2.痛み

neck pain

出典:なかにし整骨院

首の痛みに至るのは首を長時間傾けたりすることによりいつもとは違う首への負担が増え次第に痛みへと変化します。

かゆみで掻き過ぎたときによるかき傷や痛みで2重的な痛みを伴うことも考えられますのでしっかりした対策が必要になってきます。

 

3.湿疹

hay_fever_neck_eczema

出典:日経トレンディネット

首を掻くことが常態化してくると湿疹となることもあります。

あまりにひどい湿疹になってしまったら皮膚科に行くことをおすすめします。

 

4.肩こり

hay_fever_neck_stiff_shoulder

出典:羽毛田整骨院

首をかくということは肘から上を使って掻く回数が多くなります。

回数が多くなればなるほどかゆみが収まらないというフラストレーションが溜まったり無理な姿勢がずっと続くことにもなりやがて肩への負担へと繋がり慢性的な肩こりに悩まされるケースもあるようです。

 

こうした花粉に対する首へのガート策として首周り対策グッズ等で対応し厄介な花粉から身を守るほうが良いと言えます。

スポンサードリンク

花粉症対策首周りグッズベスト5

5.完全ガード系

hay_fever_neck_goods_photo3

出典:DISPLAY

オーソドックスな首周りを完全ガードしたタイプのグッズです。

首周りは完全防御されることになり花粉の首周りの付着はかなり防げるでしょう。

しかし、季節を選ばなければならない部分も大きく、繊維アレルギーの方は着用を控えたほうがいいでしょう。

一般に花粉症は季節を通してスギ花粉以外にも多くの植物花粉があるので秋からの着用がいいのかもしれません。

 

4.マフラー型肩もみタイプ

hay_fever_neck_goods_photo4

出典:ダイレクトテレショップ

外出先では特に慢性的な花粉症で掻くことが多くなる方が多いので首辺りをよく掻きやすいという心当たりのある方は帰宅した後には首のケアをすると体が全体的にリラックスできるので、特に首周りが気になる方は持っておいても損はないアイテムだといえるでしょう。

 

3.オールシーズンタイプ

hay_fever_neck_goods_photo5

出典:Angie

前述のマフラー型の様なタイプのグッズ。

マフラー型はマッサージ機能が特徴のネックケアアイテムでしたが、こちらは温度の変化によってあなたを首をリラックスさせます。

一年中使えるので、夏は冷やし冬は温めるというマルチ用途に使えます。

 

2.携帯型清浄機

繝輔z繝ェ繝ウ繝

出典:FANKLE

携帯型のコンパクト清浄機タイプ。

コンパクトなのでポケットにいれて首より上部を新鮮なマイナスイオンの空気を取り込むということですが、これを使用したからといって口への花粉侵入防止のためにもマスクの着用は忘れないようにしましょう。

新鮮な空気が出てくるのですがあくまでも首周り対策ということだけを考えた場合、首周辺に空気を送りだし花粉の付着を防止するというニュアンスで使用してみたほうがいいです。

 

1.社員証風タイプ

hay_fever_neck_goods_photo2

出典:Awesome!

首からかけるだけのンプルタイプの花粉防止グッズです。

職場等でもよく見られる社員証ですが、社員IDカードも収納出来るようになっているので実用性は大きいと言えます。

私服等の普段着においてもぶら下げるのが目立ってしまい気なるという方にも服の裏にも隠してぶら下げれるので目立ちません。

出勤時などにも最適でスーツで出勤している方やOLの方でもこれをかけていても違和感は無いのでベスト1ではないでしょうか。


油断しがちな首周りのケアも怠らずにしっかりとした対策をたて嫌な花粉から一切寄せ付けないような心構えでこれからの花粉シーズンに備えて下さい。