今年も9月に入り本格的な秋競馬がスタートしだした季節になりました。

夏競馬の期間中は波乱づくめの読めないレース展開ばかりだっただけに涙を呑んだ競馬ファンもさぞかし多いことだっただろうと思います。

 

そんな悔しさを忘れさせてくれるかのように来年ジョッキーとしてスタートを踏み出そうと頑張っている女性がいるんです。

スポンサードリンク

 

7人目の女性騎手誕生へ・・・

その女性騎手とは藤田菜七子さんです。

中央競馬界からは7人目の女性騎手が誕生間近で実に16年ぶりだとのことです。

fujitananako_face_photo1

菜七子さんが騎手になろうと決めたきっかけが小学校の頃に見たテレビの競馬中継だったそうです。

小学5年生ぐらいのころだったと思いますが、たまたまテレビで競馬中継を見て、とにかく「カッコイイ!」って思ったんです。それで、自分も馬に乗ってみたくて乗馬を始めました。それが騎手になろうと考える入り口になったと思います。

出典:東スポWeb

テレビで競馬中継を観ていたってことはお父さんが競馬ファンでなんとなく一緒に観ているうちに馬の躍動感や騎手の手綱さばきに惹きこまれていったんでしょうね。

 

13年に中央競馬学校に入学し厳しい訓練中にも関わらず辛そうな表情どころか健康的な笑顔の菜七子さんスマイルがとってもカワイイ!(´∀`*)

fujitananako_face_photo2

出典:youtube

 

こちらが13年に入学時のときの菜七子さん。

初々しくて垢抜けない笑顔がこれまた(・∀・)イイ!!

fujita_nanako_school_photo1

出典:naver

 

他の男子生徒に混じって気合の宣誓。

競馬の仕事って男臭いイメージしますが女の子が1人でもいるだけですごく空気が変わる気がします。

女性の活躍が叫ばれている時代、競馬でも女性騎手がどんどん出てきて欲しいですね。

fujita_nanako_school_photo2

fujita_nanako_school_photo3

出典:LAUGHY

 

厩舎で実習中時の菜七子さん(左から2番目)。

某アイドルメンバーよりもアイドルなんじゃない?っていうぐらいルックスがカワイイ!
fujita_nanako_kyumuin_photo1

出典:インターアクションホースマンスクール

一見おしとやかな感じの菜七子さん。

そんなじゃじゃ馬娘とはまるっきり正反対の印象をもつ菜々子さんのプロフィールを紹介。

スポンサードリンク

 

プロフィール

fujita_nanako_profile_photo1

名前:藤田菜七子  (ふじたななこ)

生年月日:1997年8月9日 (18歳)

出身地:茨城県

血液型:A型

身長/体重:156cm/43kg

趣味・特技:食べ歩き・空手(初段)/剣道(2段)

受ける予定の免許は?

競馬騎手になるには農林水産大臣が指定する国家試験に合格しないといけないようです。

 

資格本にも載っている競馬騎手という資格。

実は免許取得以前に競馬学校に入学しなければならなくて合格するのがかなり難しく平均合格率が4~5%と最難関クラスです。

 

年齢制限20歳以下、全国から毎年200~300人が受験し合格定員も15名程度と非常に狭き門。

そりゃ実力次第では武豊騎手のように億単位の年収だって稼げる可能性もあるし青天井の世界は常に人気なのは無理無いですよね。

 

競馬学校に入るのが実質資格試験みたいなもので免許授与試験は学校で訓練してきたこと全ての実力を出しきればいいので入学試験程の難易度では無いと思います。

ちょうど医師免許と同じような感じなのかもしれませんね。

 

中央競馬の免許は「平地」と「障害」の2種類あり平地はその名の通りTV中継でもよく見る平たいコースです。

障害は名の通り障害物を飛び越えるコースで実際のレースでも障害レースはあまり無いようです。

 

これは障害コースの訓練をしている菜七子さん。

卒業するときは「平地」と「障害」両方を取るつもりのようですね。

fujita_nanako_furdle_photo1

出典:flicker

 

来年はいよい合格発表

fujita_nanako_portrait_photo1

合格発表まであと半年を切り運命の日が近づいています。

来年2月の結果では見事合格ゲートをくぐり競馬ファンを熱狂させて欲しいです。

もちろん菜七子さんの騎乗する馬は人気馬になることは確実だ!!