次期iPhoneの発表が近づいてきました。

iPhone5se (SE)は判明している段階でiPhone5sと見た目が近いということです。

 

形が同じということはケースカバーの流用が出来たり5sユーザーにとって馴染みやすいことも考えられそうですが、実際はどうなのか調査してみました。

スポンサードリンク

 

スペック

5se (SE)では外観部分の一部変更の他、機能面等の強化が計られていて、現在判明している機能が既に公開されています。

The iPhone 5se is expected to sport an upgraded camera, Apple Pay NFC chip support, and come in rose gold, gold, silver and space grey. 

出典:http://www.telegraph.co.uk/

 

まとめると主な特徴は以下の4点です。

  • A9プロセッサ (iPhone6s処理性能)
  • ライブフォト対応8百万画素カメラ
  • 近距離無線通信・NFC機能
  • ローズゴールドが新色追加

この中で注目すべきなのがNFC機能が追加されるということです。

iphone_se_nfc_image

手のひらサイズでおサイフケータイのようにサッとかざしやすく使い勝手が向上します。

 

そしてA9チップ搭載でライブフォトのようなモーション処理にも対応。

簡単に言ってしまうと5sの多機能版といったところかもしれませんね。

 

iPhone5se (SE)の大きさ

iPhone5se (SE)は5sの大きさを踏襲したモデルとみられていて、その発端となったのは関係筋から5seの設計図がリークされたことです。

 

これが5se  (SE)とされている図面。

leakage_drawing_of_iphone5se_image

6sの4.7、5.5インチから5sの4インチサイズに的を絞ったのは、手にフィットしやすい、画面を小さくして販売価格の抑制、5シリーズが未だ人気のため5sサイズに標準を絞ったということが考えられそうです。

スポンサードリンク

 

5se (SE)は2013年発売の5sとデザインが似ていますが、唯一違うのは本体上の電源ボタンが右側面へと移動になるということです。

 

全体イメージ

iPhone-5se-leaked-design

 

右側面イメージ

iPhone-5se-leaked-right_hand_design

出典:http://www.independent.co.uk/

 

参考2013年発売iPhone5s

●本体

iphone5s_overall_photo

 

●ケース装着後

iphone5s_overall_with_case_cover_photo

 

上の旧5s参考画像から、もし電源ボタン移動が濃厚なら5sのケース流用は難しそうだ。

5se (SE)に買い換える時は専用ケースは新たに用意する必要があります

 

アップルは現在FBIの情報開示を巡って揉めている最中ですが、もうすぐ発表されるモデルは色々揉め事が少なくなるようなiPhoneにしてほしいですね。

 

3月15日当日はアップルの発表に注視しよう!