外見はステキだけど評価はイマイチ?

モデルに限らずドラマ・映画と多方面で活躍中の西内まりあさん。

身長170cmという抜群のプロポーションながら学生時代に取り組んでいたバドミントンで優勝経験がある程よいとこ取りのまりやさん。

nishiuti_mariya_photo1

出典:ガールズちゃんねる

しかし、そんな短所の無さそうなまりやさんですが視聴者からは演技や歌唱力が下手と酷評されています。

 

駄目なのは内面だけかな?という評判だけでなく外見まで疑われることに・・・・。

とまあまりやさんの不評は内外からの悪評が多いですね。

 

内面的要素はなかなか変えることは出来ないですがいとも簡単に変えれる外面的要素を検証してみました。

スポンサードリンク

 

整形疑惑

まずはまりやさんの顔パーツの上から下にかけて見て行きましょう。

 

ビフォー

nishiuti_mariya_eye_before_photo2

出典:yahoo!知恵袋 

モデルデビュー前と思われるまりやさん。

一重まぶたというのがすぐにわかります。

一重で目が細かったのがコンプレックスだったのでしょうか?

ちょっといじった結果は?↓

 

アフター

nishiuti_mariya_eye_after_photo2

出典:オフィシャルブログ

やはりアイプチ二重にしてます。

モデルになるにはスタイルもそうですが顔が命。

特に顔の中でも目が一番注目されるので一番こだわったところでしょう。

 

ビフォー

nishiuti_mariya_nose_before_photo3

出典:ガールズちゃんねる

お次は鼻です。

鼻の両端が広くちょっとだけ団子っ鼻にも見えてきます。

 

アフター

nishiuti_mariya_nose_after_photo3

出典:デキゴト.info

加工前の鼻と比べて小鼻になった印象を受けます。

ただ、顔の輪郭との比率によって大きく見えたり小さく見えたりするのでアフターの写真ではスタイリストさん達の技術力で小鼻化に変身?

でも鼻もいじってる可能性は否定出来ないですよね?

スポンサードリンク

 

ビフォー

 nishiuti_mariya_mouth_before_photo4

出典:プリ画像

 読者モデルと思われる10代頃のまりやさん。

口元は昔から自然な綺麗さだったんですね。

矯正もなく歯並び、歯の色といいすごく健康的です。

 

アフター

nishiuti_mariya_mouth_after_photo4

出典:so-netブログ

モデルデビューしてからも口の印象はさほど違いをうけないです。

「芸能人は歯が命」という名セリフもあるほど口元のケアは重要なのでしょう。

歯への悪影響を防ぐために普段の食べるものにすごく気を使っていそう。

 

あご
ビフォー

nishiuti_mariya_chin_before_photo5

出典:ガールズちゃんねる

高校生時代?と思われる初々しいまりやさん。

特別あごまわりに違和感があるようなところもなくカワイイの一言に尽きます。

 

アフター

nishiuti_mariya_chin_after_photo5

出典:MAN TAN WEB

ドラマ・ホテルコンシェルジュ出演時の一枚。あごがとんがり気味に見えるのは気のせい?

あんまりとんがりすぎて貧弱にも見えてしまいます。

モデルにつきもののダイエットしすぎであごにまで影響が出てしまった!?


モデルに尽きない美へのこだわり。

でもあまり外見にこだわり過ぎるとどこかでボロが出てくるのでくれぐれも自然体で振る舞うことが大事だと思います。

 

モデルを目指す人はくれぐれもモデルから整形モデルというレッテルを貼られないようにナチュラル整形をオススメしたいところです。