模型といえばお城や戦車などパーツごとに組み立て完成させ飾るということが一般的です。

 

建造物や戦闘機などジャンルが男性寄りで特定の層に受け入れられていたのが近頃は女性が模型にハマるなど従来の模型に対するイメージがガラリと変わりつつあるんです。

スポンサードリンク

 

模型女子・モケジョ現る

最近は女性にまでプラモが広まっているのを受けて◯◯ジョの新シリーズ「モケジョ」なる女性がメディアでも取り上げられました。

mokejyo_photo1

出典:Honda Smile Mission

モケジョの火付け役を作ったとされる女性プロモデラーの萩野ゆかさん。

女性だけのプロモデラーグループ「Mokejo」を設立し、全国の女性に模型をつくることの楽しさを展開しています。

 

今までの男くさいカラーリングを女性ならではの世界観でピンク塗装やかわいいキャラ・ラメシールを散りばめたりと、まるでキラキラ携帯のように変身させこれまで模型と無縁だった女性にも興味を持ってもらおうと精力的な活動を続けています。

mokejyo_gundum_photo

出典:http://pulamo-note.com/

 

モケジョのなかにはハマりすぎて模型の個人博物館を開けるほどコレクション化している人もいるようです。

mokejyo_photo2

出典:Naver

女性の中には幼いころ遊び道具としてリカちゃん人形にメイクしたりハウスセットで好みの家造りをしていた方も数多い。

 

そういった経験からロボットや建造物・乗り物など種類も豊富、自分好みに好き勝手作れる、オシャレも出来る、と自由度の高い楽しみ方がプラモにもあったので女性にも受け入れらたのではないでしょうか。

 

模型の世界にもジェンダフリーが定着しつつあり、これまで遠目に見られていたプラモ好きの男性にも歓喜の声が聞こえてきそうです。

 

模型の作り方

まだ模型製作についてとっつきにくい方のために実際に模型の作り方の例を零戦製作の映像から見てみよう。

何気ない模型でも極めると職人芸にすら通ずる実に奥の深い世界です。

日本にはプロモデラーという模型製作で生計を立てている人がごく一部いるそうですがまだまだ知名度は低い。

モケジョ効果によってプロモデラーもクリエイティブ職の代表としてリストに連ねることは今後十分ありえるでしょう。

 

模型の隠れた魅力

スポンサードリンク

模型と聞いて「ただのパーツを組み合わせて完成させるだけでしょ・・・?」という意見は多い。

しかし、模型というありきたりなホビーの世界でも突き詰めると色々な力を養うことが出来る魅力があるんです。

 

創造性

模型を作ることにより無数の楽しみ方を考えつくことが出来ます。

mokei_imagination_photo

例えばカラーリングやポーズ、他の模型と組み合わせで奇抜な作品がうまれたりと創造力を働かせやすいです。

このことは実社会では製品開発や企画など創造価値を産むイノベーション力の強化にも役立つでしょう。

 

思考力

模型を買うと説明書が付属していて作り方の手順が1から載っています。

mokei_thinking_photo

普通は説明書を見ながらつくる所を敢えて見ずにバラバラのパーツから「ここをこう組み合わせて・・・」と手順を頭の中でイメトレします。

 

そうすることで全体を見渡せる力が養われたり、組み合わせが上手く行かなかった時に考え直すことで頭の体操にもなります。

 

模型には某ゲームの脳トレ以上に触り・考え・作るという醍醐味が沢山味わえるので教養のある趣味の一面ももっているといえます。

 

達成感

模型は簡単なものから複雑なものまで多種多様です。

特に複雑なものを作り上げる時は根気を強いられたり心が挫けそうになることがあるかもしれません。

mokei_persistence_photo

しかし、難しい模型を作り上げることで恍惚とした達成感が得られ、やれば出来るという自信にもつながります。

 

最初は簡単な模型からはじめ複雑なものへと少しずつチャレンジすることで、それだけ達成感も積み重なっていきます。

その積み重ねが気分を明るくさせたり自信がつきやすい癖作りにもなるので模型の精神に与えるパワーは大きい。

 

脳の活性化

模型製作は手を動かし完成させることが基本です。

mokei_deft_photo

手を動かすことは脳にも良い影響を与えることは研究からも明らかになっています。

手の指を積極的に動かせば、それだけ広い範囲の脳の領域を刺激することになり、脳の血流量が大幅に増加することにが分っています。脳の血流がアップすれば、より多くの酸素や栄養が脳に送られることになります。その結果、脳は活発に働くようになるわけです。

出典:脳トレ右脳開発

 

模型はニッパやヤスリを使ったり道具を使うこともしばしば多く手を動かす頻度もそれだけ増えます。

頻度が増えるとそれだけ脳にも刺激が多く伝わりボケ防止や手先の器用さを鍛えることにもなります。


模型1つとってみてもこれだけ恩恵をもたらしてくれるのは数少なく、軽い気持ちから始めてみることで自分の知られざる脳力が見つかることがあるかもしれませんね。