篠原ともえとは・・・?

篠原ともえさんを最近の方はご存知ない方も多いかもしれません。

篠原ともえさんは1990年代末期に当時「シノラー」ブームを社会に巻き起こし天然のはしゃぎっぷりで目立っていた女性です。

当時の彼女ですがまるでド派手なイモトアヤコのような感じでした。

shinohara_tomoe_photo1shinohara_tomoe_photo2

出典:tamihbo76jackie , So-netブログ

当時KinKi Kidsの音楽バラエティトーク番組「LOVE LOVEあいしてる」でゲスト出演の楽屋にお邪魔しゲストに色々インタビューするコーナーがありましたが、篠原ともえさんのあまりの高テンションのインタビューぶりにタジタジするゲストも多数いました。

またその派手なファッションが話題となりシノラーファッションとして当時の若いギャルが真似をする現象もありました。

当時は安室奈美恵さんがJPOP界において小室ファミリーの一員の中で全国に名を知られた女性歌手でしたが、その人気に割りこむように篠原ともえさんの存在感が増していきました。

❐アムラー

amurar_fashion

出典:CROOZ blog

❐シノラー

shinora

出典:ログ速

当時、安室奈美恵さんの「アムラー」、篠原ともえさんの「シノラー」とファッション流行語として定着しお互い住み分け一時代を築いていた感があります。

そんな篠原ともえさんですが、「LOVE LOVEあいしてる」の放送終了辺りからだんだんとテレビのシーンから遠ざかりあれだけ目立っていた彼女の存在が嘘のように消えてしまった時期がありました。

篠原ともえさんは例えるなら「20世紀のきゃりーぱみゅぱみゅ」といったところでしょうか?

スポンサードリンク

 

篠原ともえの過去になにがあったの?

そんな一時期世間から姿を消していた篠原ともえさん。

消えていた時期は色々な噂が立ちとんでもない事件を起こしたことでTV業界から干されたと噂になったことがありました。

それが2001年に篠原さんが短大の卒業間近の売り込み営業に台湾へ行った時のことでした。

その時に地元で泥酔しホテルで大暴れしたようです。

その時の地元紙に「常軌を逸した行動」「裸同然の姿でホテルを抜け出し」の見出しが報じられ慌てた日本のテレビ関係者が彼女を干しかけたようです。

 

丁度、その頃「LOVE LOVEあいしてる 」も終わりかけだったので篠原さんの次回の使いどころに困ったTV関係者が偶然にも篠原さんの不祥事が重なってTV局にとって都合が良かった?とも考えられなくない気もしてきますね。

 

篠原ともえが再びブレイクの兆し

そんな反省も合ってか現在の篠原さんはすっかり過去の醜態の禊(みそぎ)を済ませたかのような変貌ぶりに変わってしまいました。

shinohara_change1

出典:ジャパンポップカルチャー

どこかの企業のOLとしても全く違和感のない雰囲気です。

こんなOLいたら毎日楽しく出社できそうな気がしますね。

スポンサードリンク

 

shinohara_change2

精神的に大人になったシノラーですが、小物や身に付けるアクセサリーは派手な原色を使った身なりは封印しましたが、やはり昔のシノラーとしてのアイデンティティを少し押し出している様ですね。

やはり30代になっても篠原さんのファッションへの強いこだわりを感じ取れますね。

 

shinohara_change3

セルフィー(自画撮り)のとある1ショット写真。

30代の彼女にしたいランキングがあれば上位5位以内に入っても不思議ではないくらいの清楚感がありますね。

30代になったシノラーがこんなに雰囲気をガラッと変え美人になったことは誰が想像出来たでしょうか?

 

彼女の久々のメディア出演でtwitter上で篠原さんのことが話題になりました。

篠原さん自身も以前、30歳を超えて当時のシノラーファッション・キャラで出演したことがありましたが、その時「篠原33歳なんで・・・」とぼやついてました。

彼女も仕事とはいえ内心色々な意味できつかったのではないかと察します。

仕事用の演出とはいえ時代的にいつまでも「痛いキャラ」を演じていてはいけないという本音が出てしまい、当時のシノラーカラーから脱皮しようとしてこうして思い切ったイメチェンをしたのではないでしょうか?

篠原さんは現在30代ですがこの落ち着いたイメージキャラで年齢が上がるに連れそれに見合った淑女キャラを磨きつつ武器にして芸能界を生き抜こうとしているのでしょうか?

かつての熟女ブームから若淑女ブームへと変換期が起こる日が来るのかもしれませんね。