震災から5年が経とうとしています。

貴方はもし災害が起こったらどういった行動を起こしますか?

 

実は非常事態になっても意外にも何もしていない/できないことが多いのです。

下のグラフは2014年の災害時のアンケート実施時のデータですが、注目すべきは一番右の”特に何も行わなかった”という回答が危機回避と同等かそれ以上という驚きの結果でした。

jisin_what_to_do_image

出典:秒刊SUNDAY

これはこの国ならではの平和という感覚に浸っている影響が出ているのかもしれませんし、いざ被災したときは列に並べば物資が必ず支給されるものだろうという固定観念の影響もあるでしょう。

 

しかし今はいつ、どこで、何が起こるかわからない時代です。

テロの脅威・気候変動・天変地異など起きても誰かが必ず助けてくれる補償は薄れてきています。

 

そのようなとき、誰しも生命の安全がまず大事だと考えます。

大事なものは人によって様々ですが、一番重要かつ優先事項になってくるのが生きていく上で欠かせないのが食料の確保です。

そのような状況下で必ずお世話になる非常食についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

非常食に対するイメージ

緊急時の食料といえば非常食ですが、非常食は不味い種類が少ない栄養が偏る量が少ないといったイメージを抱くことが多いです。

 

現実に不平不満の声があちこちで聞かれます。

緊急時にとって美味しい・不味いと言っていられないのは仕方ないかもしれませんが

空腹時は質より量重視にどうしてもなってしまうので仕方ない部分があるのかもしれませんね。

 

種類ごとの期限

数多くある非常食は調理不要で簡単に食べられるものが用意されていますが、乾パンや魚肉類の缶詰は缶切り不要のものを用意したい。

 

非常食は完全密封されているものが多いですが、いくら密封されているとはいえ数十年も経った非常食を食すのは抵抗があるかもしれません。

 

少しでも嫌悪感が出てきたなら交換することをおすすめします。

そして嫌悪感を抱く前にどの位の期間保存すればよいのか乾パン・レトルト・缶詰の形態毎の目安を参考にしてみましょう。

 

☑乾パン

kanpan_photo

乾パン製造メーカーとして知られているのが三立製菓やブルボンです。

メーカー推奨では真空の袋入りのものでは5年が目安となっていますが、一度開封したら酸化が進むので分けあって食べる用途に最適です。

それ以外の窒素充填タイプは一年を目安に考えたほうがいいです。

 

☑レトルト食品

retort_packed_food_image

高温・高圧で殺菌され災害時において重宝されるのがレトルトタイプ。

包装袋もアルミやポリエステルを使っていて乱暴に扱っても破けにくいのも利点です。

日本缶詰びん詰レトルト食品協会によると消費の目安は3年としています。

 

☑缶詰

kan_image_photo

缶切り不要タイプの缶は本体と蓋に切れ目があるので完全密封のものより賞味期限が短い。

次第に参加して風味が落ちるためJASマーク(日本農林規格合格品)では賞味期限を3年を目安に決めています。

 

 

あらゆるものが永久に存在するものは無いのと同じように完全密封だからといって人が作り出したものにも完璧はありません。

どんな状態であれ風味は次第に失われていくのですっかり期限を忘れないよう、缶にマジックで賞味期限を大きく書くなどして時期が近づいたら食して新しいものと交換するようにしていきたいですね。

 

美味しい非常食はコレだ!

非常食とはいえど人間に欠かせない栄養が(炭水化物・たんぱく質・脂質)が必要でこれらを補完しながら生命維持していく必要があります。

 

かといって被災時は味気ない非常食を毎日食べるのも精神的に嫌になってきます。

そこで辛い心境を少しでも満たすために美味しさをプラスした非常食を取り上げます。

 

高級パン

高級指向のボローニャのパンが缶詰になって登場し瞬く間に売り切れた。

何もない非常時、せめて食だけは贅沢したいという表れですね。

スポンサードリンク

 

カレー

今や国民食と言われるカレー。

キャンプファイヤーや遠征中の自衛隊員の定番食となっているので美味しいサバイバルフードとしてこれ以上のものはないですね。

 

おかず類

おふくろの味を再現した非常食まで登場している。

米やパンのような炭水化物ばかりじゃ飽きるのでメインの非常食と一緒に揃えておきたい。

 

お菓子

非常食用のコアラのマーチもあります。

もちろん非常食でもビスケットには色んな絵柄のコアラが印刷されていて辛さを紛らわしてくれるはず。

 

果物

水分を抜き取って甘味を凝縮させたドライフルーツは食後の非常食として最適です。

甘いモノは別腹というように種類だけでなく味覚も満たしたいときはデザートの非常食も用意しよう。


飽食の時代といわれている中で非常食も工夫を凝らした物が増えています。

昔と違ってこんなバラエティー豊かな非常食が沢山あるとどんな困難な状況でも乗り越えていけそうですよね。