ヒツジストが増殖中

ヒツジストとして知られている吉田羊(ひつじ)さん。

今年はひつじ年ということもあってかドラマ・CMに引っ張りだこでした。

yoshida_hitsuji_sheep_photo

出典:ONLINE INSTAGRAM

羊さんの年齢は一応非公開とされていますが、アラフォーということが何処からか漏れてしまいいつの間にか旬なアラフォー女優として知られるようになりました。

 

今年のめまぐるしい活躍で気がつけば羊さんに憧れる女性が増えはじめサユリスト・ハルキストに続くヒツジストの群れが増殖中です。

 

羊さんはクールで飾らない女優としてのイメージが定着していますが、ヒツジのようにもっさりした性格ではないという出来事がありました。

スポンサードリンク

 

性格はやはりキツイ?

羊さんがキツイ性格だとされてしまったのがマネージャーとの些細な喧嘩が原因で広がってしまったようです。

yoshida_hitsuji_photo1

率直に物を言い合う関係のため、ケンカも起きるそうで、番組の最中も小競り合いが始まる。女性マネジャーが「ぱっと見、私(マネジャー)の方が強そうだけど、本当は羊ちゃんの方が強い」と発言したことに対し、吉田が「絶対使わないでください、コレ、嘘なんで」とカメラにすごみ、それを受けたマネジャーが「この言い方でわかるでしょ、気が強いって」と畳みかけると吉田は「まぁ、気は強いですよ」と発言した。

出典:サイゾーウーマン

 

マネージャーとの喧嘩逸話はどんな芸能人にもありがちですが関係はなんと8年も続いているそうです。

仲が悪いと話もしない完全別居状態になっちゃうので、喧嘩するほど仲がいいという位実は信頼しきっている関係なんですね。

 

性格が悪いんじゃなく押しては引いてと使い分けながらうまく関係を築き上げていくバランス・繊細さを持った女性なのでしょう。

 

そういった性格や立ち回り、外見が影響してか羊さん自ら公言しているようにキャリアウーマン役が多いのも納得できます。

スポンサードリンク

 

2016年に公開予定で女優・黒木瞳さんが監督を務めた映画「嫌な女」では羊さんを主演に抜擢しました。

タイトルからしてちょっと挑戦状のような当て付け感がありますが、マネージャーとのやり取りでみせたように女同士のバトルが勃発するのか・・・?

 

この本作よりも制作現場の生々しい修羅場をドキュメント映画として作品にしたほうが面白そうでそっちが見てみたいものです (≧▽≦)

制作のやりとりはいずれ記者を通じて明るみになるはずなので羊さんの男気を爆発させてくれるのを待ちましょう。

 

大河ドラマもハマリ役かも

前述の映画出演と平行して来年からスタートするNHK大河ドラマ「真田丸」にも出演することが決定している羊さん。

ドラマでは本多忠勝(出演:藤岡弘)の娘役:小松姫を演じることになっています。

sanadamaru_hitsuji_cast_image

出典:Walker+ , 如意姫蕎麦

小松姫は戦国時代に活躍した女性で自らも甲冑を身にまとい完全男社会の時代だったにも関わらず気丈に振る舞ったとされ男勝りの女性として知られています。

 

まさに今作演じるのにピッタリのハマリ役で、甲冑姿に激しい口撃口調でバシバシ武将をなぎ倒していくバトルシープ(羊)の羊さんの勇姿が今から待遠しい。

 

真田丸は来年2016年1月10日(日)20:00から放送開始予定。