のどじまんでウマ過ぎた女性外国人歌手

2013年に放送された日本テレビ系列の番組『のどじまん ザ!ワールド 2013 春』でクリス・ハートさんを破り優勝したアメリカ出身のダイアナ・ガーネットさん。

そんなダイアナさんが2015年のブレイクするであろう候補の一人として注目されている。

アメリカでは幼い頃から日本のアニメ「るろうに剣心」や「ナルト」などを血眼になって見ていたそうでガーネットさん自身自分のことを純度100%のアメリカンアニメオタクと名乗るだけあってNHKドラマ「マッサン」のヒロイン役を演じている「シャーロット・ケイト・フォックス」さん同様日本で夢を叶えた外国人女性となりました。

スポンサードリンク

 

プロフィール

diana_garnet_profile

出典:diana garnet.jp

名前:ダイアナ・ガーネット

生年月日:1988年8月25日

出身地:アメリカ合衆国 ワシントンDC

血液型:不明

身長/体重:153cm/不明

趣味/特技:アニメ/歌

 

ダイアナ・ガーネットの歌唱力

ZONEの楽曲カバーも本家以上の歌唱力かもしれません。

よく言われるカバーソングは本家は超えられないという定説もあるそうですがこれは定説を覆すことになるでしょう。

 

焼酎「いいちこ」のCMですっかり有名になったビリーバンバンの名曲「また君に恋してる」をすらっと歌いこなせるのに驚かされます。

この曲は他にも坂本冬美さんがカバーしていますが女性同士のカバー対決では甲乙つけがたいでしょう。

同じ「また君に恋してる」を歌いこなしていますが坂本冬美さんとガーネットさんでは2人の恋する相手の視点対象も変わってくるので違った見方が楽しめそうですね。

坂本冬美さんが歌うと恋する相手が数十年前の淡い高校生時代片想いを寄せていた相手に対するイメージをしてしまうかもしれません。

一方ガーネットさんが歌うと対象相手は・・・・ジャスティン・ビーバー!?な感じってなりそうで歌の世界観って歌い手によってさまざまに受け取れるのでカバーソングっておもしろいですよね!?

スポンサードリンク

 

リリース情報

ガーネットさんが日本ののど自慢で圧倒されるほどの歌唱力がレコード会社の目にも止まり2013年にカバーソングアルバム「COVER☆GIRL」がリリースされました。

diana_garnet_cover_girl_photo1

出典:hmv

収録楽曲

1.そばかす

2.My Revolution

3.secret base~君がくれたもの~

4.赤いスイートピー

5.三日月

6.また君に恋してる

7.好きになって、よかった

8.小さな恋のうた

9.春~spring~

10.雪の華

11.DEPARTURES

12.糸

13.ありがとう

出典:diana garnet.jp

今一度ガーネットさんのカバーソングとオリジナル歌手との歌唱力をCDやYoutubeで聴き比べてみるのもいいでしょう。

こまかな息遣いや感情の起伏がカバーでどうアレンジされているかなど発見していくことにより、場合によってはオリジナルの優位性を再確認できるかもしれないし逆にカバーならではのオリジナルにはない心地よさが感じられることでしょう。

 

今月2月11日になって発売されたガーネットさんのオリジナル1stシングルです。

もはや外国人とは思えないような歌唱力です。

外国人特有の日本語訛りが無いに等しく映像無しで初めて聞いたとすれば若い日本人女性が歌ってるのかな?と錯覚してしまうぐらいの歌唱力ですね。

diana_garnet_spinning_world_photo1

出典:Amazon

収録楽曲

1.Spinning World

2.DIANA ANTHEM

3.雑煮GLORY

4.Spinning World (Instrumental)

出典:diana garnet.jp

この曲はアニメ「ナルト」のEDテーマに選ばれており彼女が幼いころからずっと見ていた憧れのナルトのEDを担当することになり好きなことで夢がかなったといえる成功例でしょう。

ガーネットさんのように好きなことがいつしか仕事になったというのは意外にもシンプルで好きになったことをとことん追求するといった王道ともいえるでしょう。

こうした日本にジャパニーズドリームを叶えるためにやってくる外国人は今後も増えてくるでしょうしこれが日本全体の活性化にも繋がっていくでしょう。

今、日本では将来に夢を見いだせない若者が多いとよく聞かれますが日本に夢見て来日してくる外国人から学ぶべきことも多々あります。

彼らの熱意が私達の沈みがちな心に夢や希望の火を付けてくれる起爆剤となることを今後も期待したい。