マスクタレントとしてその名を不動のものにしたざわちんさん。

マスクで口元を隠すスタイルですっかり認知度が広まりましたが、マスクにこだわったのは顔にコンプレックスがあったからと言われています。

そのコンプレックスを逆手にざわちんさんの人気が爆発したため、マスクを堂々と外し日々ネットに画像を投稿するなど積極的になりました。

スポンサードリンク

加工に対する執念

ざわちんさんが顔全てをテレビでさらけ出したのは今から約2年前。

zawachin_coming_out

出典:http://up.gc-img.net/post_img_web/

顔をさらけ出したのはマスクで真似ただけの虚構のアイドル達ではなく真の私を見て欲しい!本当の私のファンを獲得していきたい!という理由だったそうです。

 

しかし発表した直後瞬く間に誹謗中傷の意見が相次いでしまい心は傷ついてしまったようです。

 

中には擁護派もいますが・・・

 

批判派よりもかなり少ないのが現実で最近の姿はまるっきりAIロボットのようです・・・

って本当はざわちんさんではなくざわちんさんに似せた試作AIロボットのテスト動作をしていたと疑われてもおかしくないですね。

スポンサードリンク

人工的な顔立ちになり常に違和感がある今、特に顔の輪郭部分の変化が著しいです。

輪郭の中でも目立つのが顎でその変化が見て取れます。

 

まずは加工前だと思われるすっぴんを公開したときの顔。

zawachin_befor

出典:http://1min-geinou.com/

 

そして頬を掘って鋭利な顎に仕上げた状態です。

zawachin_after

出典:https://cdn.locari.jp/

 

この2つを合成してみると・・・

zawachin_befor_after

この顎削りすぎてない?という程鋭利な形になっています。

他にも目、鼻、唇とどれだけ加工に費やしたのでしょうか?

ざわちんさんの変身願望に費やすエネルギーはお金をも凌ぐ美への追求・全ての人から注目を浴びたいという羨望の執念が強すぎたということですね。

 

初めて顔をさらけ出して以来早2年間にここまで人工的な変貌を遂げてしまったざわちんさん。

これではまるっきりスコップ顎です。

scoop_photo

このまま加工が進むと左官道具の鏝レベルに達しそうな勢いです。

ざわちんさんの暴走を止めてあげられる周囲の助けが必要な時期になっているのかもしれません。

 

かつて本当の自分とファンとの距離感を縮めるために勇気を出してマスクを外しました。

しかし周囲の冷ややかな反応がある度に整形を繰り返し期待に応えようとしてきましたが、すればする程ファンとの距離が離れています。

最近ではざわちん消えた!?という噂も囁かれているようなので当てはまっているのかもしれないですね。

 

整形は本人にとっては満足なのかもしれませんが、周囲とは負の連鎖を生みやすいという側面もあるので程々が大切ということをざわちんさんの加工事例から学んでおきましょう。